FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が20日発表したコンビニエンスストア大手7社の2019年12月末の店舗数は5万5620店と,18年12月末に比べて123店減少した。年間の統計で店舗数が前年末実績を下回るのは,現在の方法で統計を取り始めた2005年以来,初めて。新規出店で成長してきたコンビニのビジネスモデルは転機を迎えた。

 コンビニは既存店が振るわなくても新規出店で業界全体の売り上げを伸ばしてきた。近年,都市部の駅前などではドラッグストアとの競合も激しくなっている。今後もコンビニ各社は出店を抑制する見込みで,今後は新規出店頼みではなく,既存店の来客を増やすなど抜本的なテコ入れを急ぐ必要がある。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/2190-01ade3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック