FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 北海道経済連合会は,道内の2040年の人口が414万1000人に落ち込むとの試算をまとめた。昨年10月1日時点の国の人口推計に比べ約25%減となる。道東など減少率が4割になる地域もあると予測。高速道路などの整備を進め、地域間で医療や行政サービスなどを共有、補完する仕組みの必要性を訴えている。

 調査は国立社会保障・人口問題研究所の推計をベースに、40年の人口を独自に推計した。地域別では釧路・根室圏が05年比で40.5%減と最も減少幅が大きく、道南圏も同40.1%減。札幌市を含む道央圏は20%減るという。

 少子高齢化に伴う経済力の低下を打開するには、高規格道路や北海道新幹線の札幌延伸など、交通ネットワークの整備を進め、産業の活性化につなげる必要があると指摘する。

 計画通りに整備が進めば、15~30年の累計で道内総生産を3兆1841億円押し上げる効果があると試算した

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2011/07/19~20,11/10~11産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/244-6c049007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック