FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 飲料メーカー,伊藤園の営業力の強さは,定評あるところです。

--全国31地区204拠点を配置し,きめ細かなマーケティングを展開

 伊藤園は,全国2百箇所に営業拠点を持ち,3000人の正社員の営業担当者がいて,地域を担当しています。また,市町村単位での細かいシェアも把握しており,徹底したエリアマーケティングを展開しています。

 同社は,現在は平均して人口60万人に一つの割合で支店を置いています。拠点は細胞分裂のように現在も増えており、7~8年後には40万人に1つとする計画。これにより,衆議院選挙の小選挙区と同じく全国300拠点となり,よりきめ細かなマーケティングが可能になります。

伊藤園のHPより--営業基盤の強化

 ルートセールスという販売システムを採用することにより、伊藤園とお客様をダイレクトに結び付け、地域に密着した営業・販売促進活動を展開しております。また、従来より機能性・携帯性に優れたルートセールス担当営業員用の新型ポータブル端末を導入・活用することで、お客様に効率的かつ適確なサービスをご提供できるよう努めております。
 今後とも、既にお取引いただいているお客様はもちろんのこと、新しいお客様の開拓に努め、確固たる営業基盤を築くとともに、お客様にご満足いただける製品開発や魅力的な売り場づくりなど、総合的なご提案を行ってまいります。


▼関連HP

エリアマーケティング講座
  http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm   

産能マネジメントスクール
 -エリアマーケティング実践セミナー

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)









スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/247-3b428a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック