FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



和歌山県ついに人口100万人割れ 近畿6府県で初

 和歌山県の1日現在の推計人口が99万9834人と、100万人を下回った。県調査統計課のまとめによると,和歌山県の人口は1955年に100万人を超え、ピーク時の82年は109万521人に達したが、96年から減っていた。1996(平成8)年以降は14年連続で減少傾向が続いている。昨年4月と今年4月との比較では、市町村別で人口が増加していたのは岩出市だけだった。47都道府県のうち、人口100万人未満はこれで鳥取、徳島など9県になった。

  県は人口減を食い止めるためさまざまな対策に取り組んでいる。 18年度から自治体と地域住民組織が連携してIターン希望者の受け入れを促進、これまでに150世帯294人を招いた。企業誘致でも、全国最高レベルの最大100億円の奨励金制度を創設。今年度は5社を誘致している。また、育児支援として第3子以降3歳未満児の保育料を原則無料にする「紀州3人っこ施策」なども行っている。


エリアマーケティング実践セミナー  2010/11/08~2010/11/09産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097



るるぶ和歌山白浜熊野古道高野山(’11)

るるぶ和歌山白浜熊野古道高野山(’11)

価格:840円(税込、送料別)




和歌山県の山

和歌山県の山

価格:1,575円(税込、送料別)



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/264-539706e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック