FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 篤姫が薩摩の父と慕った,島津家第28代当主・島津斉彬。
                   
9月28日は島津斉彬 生誕201年 - 2

 篤姫の養父に当たる第11代薩摩藩藩主・島津斉彬(しまづ なりあきら)。斉彬は,文化6(1809)年9月28日,薩摩藩主島津斉興の長男として生まれた。

島津斉彬 島津斉彬は,幕末の名君といわれ,つとに新日本建設の理想をいだき,幕政および藩政を改革し西洋文化の輸入に努め,日本の最先端を行った集成館事業により洋式の軍艦や大船を建造し,紡績,硝子,陶器,その他各種の近代的産業に着目,その製造に当たった人である。
 また,小松帯刀,西郷隆盛,大久保利通といった人材を登用して維新回天の基礎を築いた。藩主としての期間はわずか7年に過ぎなかったが,その後の政治的,科学的識見は後世に偉大な影響を与えた。日章旗を国旗に制定した功労者でもあり,照国神社に祀られている。

081217-nariakira

 斉彬は,西洋文化に強い関心を持ち,洋学にも造詣が深く,先見性豊かな人物であったと評価されている。殖産興業,開国貿易を促進し,日本初の溶鉱炉を建設するなど,富国強兵策に尽力した。また,身分を問わず有能な若手人材に志を説いた。

◆「篤姫」
  篤姫の誕生日については,「島津氏正統系図」には天保6年(1835)12月19日,「源姓和泉氏嫡流系図」には天保7(1836)年2月19日と,異なる日が掲載されている。
 「篤姫」は天保6年(1835年)島津氏の庶流今和泉家の島津忠剛(ただたけ)の長女として誕生した。名を於一(おかつ)・一子(かつこ)といった。父の忠剛は斉彬の叔父(斉宣の子)である。

▼篤姫-
 島津家へ,家定の正室を迎えたいとの縁談が持ち込まれたのは,時の老中阿部正弘と斉彬が懇意であったことも背景にあるとされる。 嘉永6年(1853)に斉彬は於一を実子として幕府に届け,養女として於篤と改めさせた。ここに篤姫の誕生となる。篤姫はこのとき鶴丸城に入り,輿入れの準備のため江戸藩邸に移った。
 ペリー来航・家慶の死去・開国といった問題のため,輿入れは延期されていたが,安政3年(1856)近衛家の養女となり近衛敬子(すみこ)と改名。安政4年(1857)に婚礼を上げた。

▼NHK大河ドラマ-篤姫
 波乱に満ちた篤姫の一生を描いた物語は,。放映当初は,あまり注目されませんでしたが,回を追うごとに視聴率は上昇。関東地区では年間平均24.5%,第48回は29.2%を記録しました。

atuhime-1009

 ドラマの中での篤姫は,徳川幕府300年の歴史の中で凝り固まった価値観,身動きができないほどの固定観念を,見事なほどに解きほぐしていきました。 そして島津斉彬,井伊直弼,西郷,和宮,滝山,幾島,・・・と篤姫と立場や価値観の違う人たちを,次々と説得し味方に引き寄せる,あるいは理解を取り付けていっていった。
 視聴者は自分のできないことを,見事にやってのける篤姫に,知らず知らずに尊敬と喝采を送っていたのであろう。
 その秘訣は,「言いにくい相手に,最も言いにくいことを言う」にありとる。多くの場合,この人にこんなことを言ったら,どんなしっぺ返しが来るか。それを想像しただけで,口が開かなくなるのである。 ところが,篤姫は躊躇しなかった。


 薩摩藩の跡継ぎとして青年に育った斉彬(1809-1858)は,藩主へ階段を着実に上っていた。元服,将軍謁見,位階授与,結婚と次々に積み重ねるなか,海外の文物に強い興味を持つ曾祖父重豪(しげひで)の影響も受け,その日は海の向こうに広がるようになる。だが世が幕末に向かうころ,藩の財政は行き詰まり,南島には植民地拡大をもくろむ欧米列強の影が迫っていた。             
 斉彬が10歳の時からの10年間で,藩の借金はおよそ100万両から500万両にふくらんだ。「奉公人の給料が13カ月滞った」「旅費がなく参勤交代を延期した」など困窮の逸話には事欠かない。

◆元服と結婚
 斉彬は13歳になった21(文政4)年,元服して「又三郎忠方(ただかた)」と名を改めた。24年には11代将軍・徳川家斉(いえなり)に謁見。一字をもらい「斉彬」となり従四位下を受けた。だが同年,母周子(かねこ)34歳で病死。「もし健在であれば,25年後の異母弟久光との家督争いの発生は疑問だ」ともいわれている。斉彬はまだ16歳だった。徳川御三家の一橋家出身4歳の時に婚約した英姫(ふさひめ)とは26年に婚儀を挙げた。

 斉彬は青年時代,学業や武芸で多忙な日々を送り,暇が惜しいと語ったという。幼少のころと変わらず記録力がよく,その様子はまさに博覧強記だった。名声は藩内にとどまらない。大小多くの諸侯の同年代の中で,薩の若公(斉彬)は賢明で行く末が頼もしいとささやかれた。器量が優れ,さすが大藩の跡継ぎだと称賛されるようになる。
 初の将軍謁見で居並ぶ諸大名らを前に,緊張しなかったか尋ねた祖父・斉宣(なりのぶ)には「将軍の前は,(斉宣の)御前よりも心安い」と答えて喜ばせている。

◆シーボルトと会見
 重要は26(文政9)年,江戸へ向かうオランダ商館の一行を江戸郊外・大森で出迎えた。中津藩に養子に入り藩主となった重豪の次男・奥平昌高(まさたか)と,18歳の斉彬も一緒だった。随行していたドイツ人医師で博物学者のシーボルトを,時折オランダ語も織り交ぜながら質問攻めにする重豪や昌高に比べ,斉彬は目立たない存在だったようだ。だが「当時斉彬はオランダの知識が未熟だったのであろうが,大きな刺激となり,その後におよぽした影響ははかりしれない」(芳即正「島津斉彬」)

 西洋文化をどん欲に吸収した重豪も,産業技術を導入した形跡はほとんどない。わずかに鹿児島に毛織物業を広めようとしたくらいだ。後に西洋の工業技術を取り入れ,日本近代化の先駆けとなった斉彬とは一線を画する。
 18歳ごろの斉彬はこう語っている。「学問は詩歌を記憶するだけでは無益だ。実学こそが大事だ」。斉彬はこの後,多くの蘭学者と親交を結ぶようになる。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/279-090d02be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック