FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
suwataisya-1
諏訪といえば,日本三大奇祭で知られる諏訪大社である。

 お諏訪様・諏訪大明神と親しまれ、崇敬されている諏訪大社は、諏訪湖をはさんで南に上社、北に下社があり、更に上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮に分かれて鎮座している。この4社を合わせて信濃園一之宮諏訪大社と称し、氏子区域は旧諏訪郡24ケ町村にわたっております。又、附属の摂社末社の数は郡内に60余社をかぞえ、特殊な祭祀の形態と信仰とを今日に伝えている。
○上社
本宮(ほんみや) 諏訪市中洲
前宮(まえみや) 長野県茅野市宮川
○下社 
春 宮 (はるみや) 長野県諏訪郡下諏訪町
秋 宮 (あきみや) 長野県諏訪郡下諏訪町

○法華寺 
 上社の東側裏手にある寺で、天正10年織田信長が甲州征伐の時、この寺を本陣として滞在し、論功行賞を行った。信長が明智光秀を愚弄して恨まれ、本能寺の変を引き起こす一因となったのはこの寺である。

・吉良義周の墓  「忠臣蔵」で悪役の吉良上野介の嗣子が義周である。
赤穂浪士による討ち入りで義周は幕府大目付より「仕方不届」として、諏訪忠虎(四代高島藩主)へ身柄預けの身となった。高島城南の丸へ囲われたが義周への処遇は丁重であったという。しかし、3年後の宝永3年(1706)に21歳で病死,法華寺,埋葬された。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/28-d39875ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック