FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 岐阜県は,御嶽山,乗鞍岳,奥穂高岳など,標高3000mを超える山々が連なる北部の飛騨と,木曽三川(木曽川,長良川,揖斐川)が流れる南部の美濃地域の二つに大別される。「美濃を制する者は天下を制す」ともいわれ,天下とりの場ともなった。こうした風土で, 『輪中根性』とも呼ばれる美濃の人柄を表す言葉が生まれた。同じ輪中(グループ間)では団結するが,他の輪中のことは眼中になく一切構わない。見た目は柔和だが芯は閉鎖的で自己中心的。金銭に厳しい合理主義者。
 対して,飛騨の人は勤勉で素朴な性格を持つという。 

●県民性 
 岐阜県は飛騨と美濃地域の二つに大別される。「美濃を制する者は天下を制す」ともいわれ,天下とりの場ともなった。こうした風土で, 『輪中根性』とも呼ばれる美濃の人柄を表す言葉が生まれた。同じ輪中(グループ間)では団結するが,他の輪中のことは眼中になく一切構わない。見た目は柔和だが芯は閉鎖的で自己中心的。金銭に厳しい合理主義者。
 対して,飛騨の人は勤勉で素朴な性格を持つという。

●飛騨の米菓--独特の風味が人気 
飛騨米菓は,①他の菓子に比べ飽きがこない,②素朴で昔風なのが良い,③他の 菓子に比べ日持ちがよい等,日本人には欠かせないイメージがあり根強い需要 層に支えられてきた。 岐阜県の米菓は,もち米を原料としたソフトな歯ざわりと,中京地区特有の たまり醤油による味付けを特徴としており,独特な風味が消費者に受け,生 産高は全国第2位である。


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)

▼十六銀が経営再建中の岐阜銀を吸収合併 12月に完全子会社化

 岐阜県が地盤の十六銀行(岐阜市)と経営再建中の岐阜銀行(同)は9月28日、十六銀を存続会社とし岐阜銀を吸収合併することで、両行などが正式に合意したと発表した。

 十六銀が12月22日付で、株式交換の形で岐阜銀を完全子会社化する。交換比率は岐阜銀の普通株式1株につき、十六銀の普通株0・089株を割り当てる。
 同時に岐阜銀の筆頭株主の三菱東京UFJ銀行が、優先株300億円を引き受けて岐阜銀に出資。この支援などで岐阜銀が抱える公的資金120億円を返済した上で、平成24年9月をめどに合併する。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/282-b60f2e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック