FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
住んでみたい街ランキング2010

 関東・関西での「住んでみたい街」に関するアンケート調査結果が,二つ公表されている。一つは,株式会社マクロミル(本社:東京都港区,代表:杉本哲哉)とグループ会社であるブランドデータバンク株式会社は,3万人の消費者調査によるデータベース「ブランドデータバンク」をもとに,「住んでみたい街ランキング」の関東・関西版を作成しましたもの。もう一つは,マンション大手8社が運営する共同ウェブサイト「メジャーセブン」が,マンション購入希望者を対象に調査したものである。


この二つの調査による関西圏で住んでみたい街のベスト3

メジャーセブン調査:1位は「芦屋 」,2位「西宮」(兵庫) 」,3位「神戸」。

マクロミル調査: 1位「夙川  」,2位「岡本」, 3位「西宮北口」。


⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2010/11/08~2010/11/09産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)

-------------------------------------------------

 この二つの調査によると,首都圏で住んでみたい街のベスト3

メジャーセブン調査:1位は「吉祥寺」,2位「自由が丘」(東京),3位「横浜」
マクロミル調査: 1位「吉祥寺」,2位「横浜」, 3位「自由が丘」

 2つの調査で共通することは,「吉祥寺」が1番人気。それに続く街が「自由が丘」「横浜」という点である。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/289-b7176858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック