FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



成田国際空港株式会社は,2014年度中に発着枠を現在より5割増やすのに併せ、国内線を最大で2.5倍の20路線に拡大する。国際線と国内線を乗り継ぎしやすくし、競争力を高める狙い。
 
現在は新千歳、中部、福岡など8路線しかない国内路線網を16路線に倍増し、14年度中に最大20路線を開設する計画。 新たな路線を開設するにあたり、訪日観光で集客力のある地域の分析を進めている。新幹線の整備に対抗して空港機能の強化を目指す地域も検討対象とし、今のところ岡山や富山、新潟、熊本などが候補に挙がっている。

 大手航空会社は「成田の競争力や利便性が高まるのは歓迎」としている。 成田空港の発着枠は現在、国際線が年20万回。羽田空港は国際定期便が就航する10月31日に国際線発着枠が6万回となり、13年度に9万回に増えるが、成田の方がかなり多い。

 さらに駐機スポットの増設や誘導路の新設などにより、成田の総発着枠は14年度中に30万回となる見通しで、国内線も2万回から3万回に増やす。

1010-2-narita


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/295-537e4576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック