FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
今日・10月22日は「京都時代祭」。

「時代祭」は祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つ。祇園祭は1000年の歴史があり、葵祭は1400年も前から行われている。対して時代祭は第1回開催が明治28年。明治28年は京都に平安京が築かれてから丁度1100年目の節目であった。

 当時,京都明治維新で首都が東京に移り、すっかり熱気を失い寂れていた。そこで、京都の活力を取り戻そうと情熱に燃える京都市民が「平安遷都1100年祭」というイベントを企画し、たまたま第4回国内勧業博覧会と時期同じくしたので、その記念モニュメントと博覧会のパピリオンとして、平安宮大極殿の縮小復元が成され、神宮として平安朝の創始者・桓武天皇が祀られることになった。それが現在の「平安神宮」で、神を祭る例祭が必要となり、考え出されたのが「時代祭」。本日は京都の誕生日ともいえる。

 見所は,時代行列である。明治維新時代・江戸時代・安土・桃山時代・室町時代・吉野時代・鎌倉時代・藤原時代・延暦時代と8つの時代20の行列の長さは2キロに及ぶ。山国勤王隊を先頭に、正午に京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロに一大時代絵巻を展開する。

更に、午後6時からは鞍馬の火祭が行われる。この火祭は京都三大奇祭の一つで巨大な松明に火を点し、男たちが担いで練り歩く。火の粉を飛ばしながら、歩き回る姿は、豪快そのもので、見物客にも、容赦なく火の粉が飛んでくる。

 時代祭 http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/jidaimatsuri_10.php
 鞍馬の火祭 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/himatsuri/kurama/
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/309-40a96728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック