FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


全国で最も魅力的な市は札幌市 「地域ブランド調査2010」

(株)ブランド総合研究所実施の「地域ブランド調査2010」で,最も魅力的な市区町村は札幌市となり、前年度の調査で初の全国1位となった函館市は2位に、京都市は3位でした。


 札幌市 
北海道・石狩平野の南西部に位置する札幌市は、明治2年(1869年)の開拓使設置以来北海道開拓の拠点として発展を続け,現在では人口190万人を超える(北海道の人口の約3割)、全国5番目の都市に成長しています

▼札幌の歴史
アイヌの人たちが住んでいた蝦夷(えぞ)地は、明治2年(1869年)に北海道と改称されて、開拓使が置かれ札幌本府の建設が始まりました。判官・島義勇(しま よしたけ)は、円山の丘からはるか東方を見渡し、街づくりの構想を練ったといわれています。明治8年(1875年)、最初の屯田兵が入植。人々は遠大な札幌建設計画に基づいて、鉄道を敷き、産業を興して、道都・札幌を築きました。

大正11年(1922年)の市制施行以来、近隣町村との度重なる合併・編入によって、市域・人口を拡大してきた札幌市は、昭和45年(1970年)には人口が100万人を突破し、2年後の昭和47年(1972年)に政令指定都市へ移行しています。

•距離/東西42.30km 南北45.40km
•位置
◦極東 東経141度30分(厚別区もみじ台南7丁目)
◦極西 東経140度59分(南区定山渓・国有林)
◦極南 北緯42度46分(南区定山渓・国有林)
◦極北 北緯43度11分(北区篠路町拓北)
•高低
◦最高地 南区定山渓(余市岳)1,488.1m
◦最低地 北区西茨戸(旧発寒川付近)1.8m



 2010年12月20日発行「身の丈」を強みとする経営-消費も市場も縮むなか,長期にわたる高収益を持続する小売業もある。キーワードは「がんばらない」「革新」「時代対応」そして「人材育成」である。店の大型化や安売り・値下げを競う体力勝負の消耗戦からいち早く抜け出した個性派企業の考える経営に学ぶ生き残り戦略。

「身の丈」を強みとする経営

「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)




ビジュアル流通の基本第4版
価格:¥1,050 ショップ:楽天ブックス
商品副データ日経文庫小林隆一日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年02月登録情報サイズ:新書ページ数:186pISBN:9784532119102【内容情報】(「BOOK」データベースより)小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 流通のいま、これから/第2章 流通のしくみ/第3章 小売業の形態/第4章 小売業経営のしくみ/第5章 卸売業(問屋)の現状と経営のしくみ/第6章 流通を支える物流/第7章 商取引・価格形成/第8章 商品別流通の事例【著者情報】(「BOOK」データベースより)小林隆一(コバヤシリュウイチ)1943年生まれ。産業能率大学リテイリング・マネジメント・センター、産業能率大学講師を経て、経営コンサルタント(プロフェッショナルネットワーク顧問)。現在、鹿児島国際大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 産業> 商業 (詳細ページ)



⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

2010年12月20日発行「身の丈」を強みとする経営-消費も市場も縮むなか,長期にわたる高収益を持続する小売業もある。キーワードは「がんばらない」「革新」「時代対応」そして「人材育成」である。店の大型化や安売り・値下げを競う体力勝負の消耗戦からいち早く抜け出した個性派企業の考える経営に学ぶ生き残り戦略。

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)

 (株)ブランド総合研究所では、国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全63項目からなる「地域ブランド調査2010」を実施し、全国の消費者3万4,257人から回答を得ました。

 その結果、全国で最も魅力的な市区町村は札幌市となり、前年度の調査で初の全国1位となった函館市は2位に、京都市は3位でした。

【市区町村別 魅力度ランキング(1~10位)】

順位     市区町村名  魅力
2010 (2009)        2010 (2009)

1  (2)   札幌市    57.0 (56.4)
2  (1)   函館市    55.5 (58.8)
3  (3)   京都市    52.2 (56.3)
4  (4)   横浜市    49.6 (51.9)
5  (6)   小樽市    47.3 (50.5)
6  (5)   神戸市    46.4 (50.9)
7  (7)   鎌倉市    44.5 (48.0)
8  (8)   富良野市   44.0 (47.6)
9  (9)   金沢市    38.6 (41.3)
10 (13)   長崎市    38.3 (37.0)

詳しい調査結果はこちらから
(株)ブランド総合研究所発行、地域ブランドNEWSメールマガジンより














スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/319-d16cb261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック