FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 仙台市,福島県で地元の名物や文化を核に地域振興に向けて,自治体や企業がPRに知恵を絞り,活動が活発化しています。

 「杜(もり)の都」、「楽都」に「学都」と様々な顔を持つ仙台市家計調査によるとゼリー消費量が多いことから,これを街づくりに生かし「ゼリーの街」の呼び名を定着させようと,今年4月に地元企業が協議会を発足しました。これに,ゼラチン製造のゼライス(宮城県多賀城市)など地元企業12社が参加しています。

 今年から7月10~16日は「ゼリーウイーク」として、各種イベントが開かれる。百貨店の藤崎はお中元会場などに「ゼリーの街 仙台」ののぼりを立て、喫茶店の「ガネッシュ・ティールーム」はゼリーと紅茶を楽しむお茶会を催しました。


 音楽が盛んで「東北のウィーン」を掲げる福島県郡山市は今年から、「ウィーン少年合唱団」を招くなど,市民音楽祭をスタートさせました。

201012-ra-men

 福島県喜多方市は,札幌、福岡とともに日本三大ラーメンの地であるほか、2006年の5市町村合併で,蔵、そば、太極拳、ボート、グリーンツーリズムが加わりました。
東北「○○の街」PR 仙台「ゼリー」、郡山は「音楽」
2010/7/10 6:02 div/div.JSID_key_html


 東北で地元の名物や文化を核に地域振興を目指す動きが増えている。仙台市ゼリー消費量の多さを売りに「ゼリーの街」の呼び名を実現しようと、4月に地元企業が協議会を発足した。音楽が盛んで「東北のウィーン」を掲げる福島県郡山市は今年から、「ウィーン少年合唱団」を招くなどイベントが盛りだくさんの市民音楽祭を始めた。地域資源を売り込もうと、自治体や企業がPRに知恵を絞っている。

 「杜(もり)の都」、「楽都」に「学都」と様々な顔を持つ仙台市。新たに加わったのがゼリーの街だ。今年から7月10~16日は「ゼリーウイーク」として、各種イベントが開かれる。百貨店の藤崎はお中元会場などに「ゼリーの街 仙台」ののぼりを立て、喫茶店の「ガネッシュ・ティールーム」はゼリーと紅茶を楽しむお茶会を催す。14日には市内のホテルで市民参加の創作ゼリーコンテストも開かれる。

 総務省によると、仙台は県庁所在地と政令指定都市の中で年間のゼリー購買額が最も高い。これを街づくりに生かそうとゼラチン製造のゼライス(宮城県多賀城市)など地元企業12社が協議会を設けた。奥山恵美子市長も「仙台に行って食べたいと思うゼリーを」と、応援団長として名物ゼリーの開発を後押しする。

 仙台市以上に多くの顔を持つのが福島県喜多方市だ。札幌、福岡とともに日本三大ラーメンの地であるほか、蔵、そば、太極拳、ボート、グリーンツーリズムの街でもある。2006年の5市町村合併で一気に増えた。

   ************************************************************************

新刊  「身の丈」を強みとする経営  縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」 ―日本経済新聞出版社刊
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/320-992e6dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック