FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
日本にホームセンターが誕生して40年になる。今や業界の市場規模(08年度)は3兆9091億円,店舗数は過去最高の4030店にのぼるが,日本DIY協会によると売上高は05年度をピークに3年連続減少,09年度はさらなるダウンを予想する。
 現在の業界ランキングはDCMJ a pa nホールディングス(東京)を頂点に,カインズ(群馬),コーナン商事(大阪),コメリ(新潟)と続き,5位に地場のナフコ (北九州市)が入る。DCMは今年3月1日,これまで6位のホーマック(北海道),10位カーマ(愛知),12位ダイキ(愛媛) が合併して誕生した物流会社を吸収合併している。
 こうした域外大手は地場勢へのM&A攻勢など,さまざまな手法を駆使して九州を席巻している。

 九州上陸を最初に果たしたのはコーナン商事。04年,福岡市西区と長崎県佐世保市に初出店。場所はともに同年倒産したディスカウントストア,オサダの店舗跡。続いてコメリが07年進出,長崎市に1号店を出店,現在,九州に89店舗構えるが,さらに10年度中に福岡,長崎両県で1万平方㍍級の大規模店の出店を計画している。08年にはDCM傘下のダイキが,熊本市のホームセンターサンコー(旧九州産業交通グループ) の19店舗を当時所有のイエローハット(東京)から買い取り,九州での足場を確保。今年はナフコのおひざ元・北九州市西部2カ所で大型店を相次ぎ開業する予定である。

 こうした域外資本の出店攻勢の荒波をまともにかぶっているのがナフコ。1947年創業,家具店でスタートしたが70年,ナフコの名でホームセンター業に参入,九州内外で積極出店した後,01年に深町家具店と統合。現在,ホームセンター,家具,コンビネーションストアを3本柱に東北以南に251店舗展開(うち6割強が九州5県に29店舗展開しているが,うち6店がFC店)。沖縄では地元のサンユーとFC契約,12店を展開する。

 ***:::        :::::******    ******:::::



新刊  「身の丈」を強みとする経営  縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」 ―日本経済新聞出版社刊

⇒関連HP マーケティング&マニュアル講座(エリアマーケティング,日本の人口,流通のいま)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/333-4df3339c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック