FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
2010-maru1
 
 上田電鉄(上田市)は、かつて同社別所線を走り、「丸窓電車」の愛称で親しまれた「モハ5250型」電車2両のうち1両を、希望者に無料で譲る。来年1月31日までに譲渡先が見つからない場合には解体の予定。個人、法人を問わず「大切に使ってもらえればありがたい」としている。

 車両はクリームと紺の2色で長さ15メートル、幅2・6メートル、高さ3・8メートルほど。ドアの戸袋の窓は、国内でも珍しい楕円(だえん)形。

 「『別所線と言えば丸窓電車』と言われるほどシンボル的な車両」であり,現在は丸窓電車を模した「まるまどりーむ号」が走っている。

 モハ5250型は1927(昭和2)年に製造、翌年から別所線で3両が走った。86年に引退後、2両を上田市の別所温泉駅で展示。もう1両は2004年に長野計器(上田市)が譲り受け、同市御岳堂の工場で資料館に使っている。
 同駅の2両のうち1両は電車関連の資料を収め、イベント時などに公開している。老朽化が目立ってきたため、来年度中に塗装し直し、窓ガラスや座席の補修もして資料館として使用を続ける。もう1両は「補修経費をかけられない」として譲渡することにした。

 車両運搬費は譲渡先の負担。市内で運ぶだけでも130万円ほどかかるという。申し込み多数の場合は選考する。問い合わせは上田電鉄(電話0268・39・7117)へ。

201012-maru2
201012-minotake

新刊  「身の丈」を強みとする経営  縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」 ―日本経済新聞出版社刊


⇒関連HP マーケティング&マニュアル講座(エリアマーケティング,日本の人口,流通のいま)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/336-ca5ae05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック