FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
⇒動画地震直後の浦安 液状化の瞬間  http://www.youtube.com/watch?v=zzZ2iiKDSDg


 東日本大震災による液状化現象で大きな被害を受けた千葉県浦安市に対し,千葉県は災害救助法の適用を決めた。同市は津波などによる目に見えた家屋被害が分かりづらかったため、当初は同法適用が見送られていたが、液状化による被害の深刻化が明らかになってきたことから、新たに習志野、我孫子、千葉市美浜区の3市区とともに適用対象となった。
 同法の適用を受けると、世帯主や家屋などに損害を受けた被災者が低金利で資金の貸し付けを受けられたり、国と県の負担で仮設住宅が建設できるなど、被災地の負担が軽減される。



 東洋経済が発表する「住みよさランキング-富裕度」では,千葉県浦安市が3年連続で一位となっている。浦安市は東京ディズニーリゾートが立地していることが,寄与している。この浦安市は,東日本大震災で,市街地では液状化現象で,大きな被害が発生した。

2011-03-fuyuudo
 
〈出典:東洋経済新報HP http://www.toyokeizai.net/business/regional_economy/detail/AC/36be878308906a98e1153ca26e6d27a7/

◆浦安市の被災状況
 浦安市で被害が大きいのは、主に昭和40、50年代に埋め立てられた国道357号から東京湾側の「中町」「新町」地区。各種住宅アンケートで、常に「住みたい街」の上位にランクされる両地域の道路は大きく波打っている。木造家屋の多くが傾き、塀は倒れている。車はひび割れや積もった泥を避けてハンドルを切る。晴れれば乾燥した泥が砂ぼこりになって舞うため、マスクは市民の必需品となった。
 ライフラインの中でも“水”の不通は深刻だ。最大約3万3千世帯だった上水道の不通は24日現在、約4千世帯に減ったが、同日には市に供給されている松戸市の浄水場の水道水から放射性ヨウ素が検出され、動揺が広がった。
 市のまとめによると、被害額は市施設だけで734億円に上り、民間を加えると総額は1千億円を超えるのは確実。

▼新浦安駅
 地盤が液状化して沈下したことから,新浦安駅の駅前広場に設置されたエレベーター建屋が地盤面から離れて浮いている。

2011-0324-urayasu1


▼イトーヨーカードー浦安店
 イトーヨーカードー浦安店の入り口付近で約50cm程の段差ができた。応急復旧工事を進めながら店舗は営業している。

2011-0324-urayasu2

▼セブン-イレブン周辺

2011-03-24-urayasu7-11


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/466-72b1933f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック