FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
人口の自然減,10万人超す 2010年推計

 昨年末発表の厚生労働省の人口動態統計の年間推計によると,2010年の日本の人口は12万3千人の自然減になる。自然減が10万人を超えるのは初めてで,減少幅は09年から約5万1千人拡大した。出生数は09年から横ばいの一方で死亡数は戦後最多を更新しており,人口減に拍車がかかっている。

 出生数から死亡数を引いた数がマイナスとなる「自然減」が始まったのは05年からで,減少幅の大きさは10年が最大。

 人口動態統計の年間推計は,10月までの速報値などを用いて算出。出生数は107万1千人で前年からほぼ横ばい,死亡数は夏場の猛暑の影響もあり119万4千人で約5万2千人増えた。

 死因をみると,高齢化の進展に伴い,がん,心疾患など三大死因のほか,ほとんどの死因で増加しており,厚労省は「当面はこの傾向が加速する」とみている。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/472-8e06285b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック