FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
2011-kago-map15

鹿児島湾で「レアメタル」確認
 鹿児島湾が,日本の資源の鍵を握るかもしれません。岡山大学などの研究グループが,鹿児島湾の海底でレアメタルを大量に含む「鉱床」を確認したと発表しました。 

 岡山大学や九州大学などの研究グループは、2007年から2008年にかけて鹿児島湾奥部にある海底活火山の「若尊」周辺の海底調査を行っていました。 

 その結果,水深200メートルの海底で熱い水が噴き出している穴を発見し,周辺のおよそ1.5キロメートルの範囲でレアメタル「アンチモン」と「金」などを含む鉱物の集合体、「鉱床」を発見したということです。「アンチモン」の埋蔵量はおよそ90万トンと推定され、これは去年、国内で販売された量のおよそ180倍に上ります。また,金の埋蔵量はおよそ25トンが見込んでいます。
                           《source:KTS鹿児島テレビ,西日本新聞記事》


 「アンチモン」は半導体や車のバッテリーの製造などに使われ,中国の産出量が世界シェアの8割を占めている。




【まち楽】全国の名産品やご当地グルメが大集合!

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/484-6090093e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック