FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
大丸長崎店が157年の歴史に幕

 博多大丸長崎店(長崎市浜町)が2011年8月31日夜、最後の営業を終えて閉店した。1854年(安政元年)に貿易商が創業した商店が前身で、地元商店街の核として親しまれてきたが、老朽化に加え近郊の大型店に客足を奪われ苦戦。老舗百貨店は157年の歴史に幕を下ろした。百貨店としての役割は終えるが、跡地には商業ビルを建設する計画している。


 博多大丸長崎店は貿易商の「徳島屋」が前身で、1934年に屋号を「岡政」に改称。88年に旧大丸グループ入りし、2003年に博多大丸に吸収合併された。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/510-02543bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック