FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
神奈川県内で二輪車の死亡事故が後を絶たない。ことし1月から7月末までの死者は計34人で、前年同期比4人増。5月から3カ月連続で全国ワーストとなっている。通勤時に二輪車を利用して事故を起こすケースが多いといい、県警は安全運転を心掛けるよう呼び掛けている。

 7月末までの交通事故全体の死者数は92人(前年同期比9人減)。このうち、オートバイとミニバイクの「二輪車」死者数34人が最多を占める。

 二輪車死亡事故の発生時間をみると、午前6~10時が11人、午後6~8時が7人に上る。うち朝は7人が通勤中、夜は全員が仕事場からの帰宅中だったという。年代別では30代(10人)が最多で、40代(8人)が続いた。

 県警交通総務課によると、県内は二輪車の保有台数が東京、大阪に次いで全国3番目。渋滞の影響を受けにくいために通勤に利用する人も多く、同課は「通い慣れた道を走行するだけに、信号無視など無理な運転をして事故につながっている。運転には十分に注意してほしい」と話している。




「身の丈」を強みとする経営 縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」

いま考えるべきことは「成長・発展」ではない。なんとかして生き残ることである。そのヒントは拡大主義と「ガンバロー」の精神論を排した身の丈経営=考える経営にある。市場を小さく見て、「ムリ・ムダ・ムラ」を省く。人材さえ育てれば、カネとモノは後からついてくる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/517-92da6930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック