FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 島国で南北に細長い日本。古来の呼び名「豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)。その日本の各地方ごとに,地勢や気候風土,さらには遠く律令の時代にさかのぼる国,藩幕といった地域固有の歴史に育まれた独自で個性的な文化を築きあげてきました。そこから派生した価値観,気質そして,風習や暮らしぶりといった地域固有の文化,価値観を県民性と定義し論を進めます。
 そして,都道府県といった行政区分を軸として北海道から九州までの全国各地の地域性とその中核都市の地域性を概括し,加えて地域文化の変化の方向を探ります。

 なお,個々人の性格は生まれ育った土地の風土のみならず,性別や両親や友人の影響,その後の生活環境など後天的なものから形成されていきます。 したがって,生まれ育った土地が同じだからといって,地域に暮らす人たちが,みな同じ気質ということはありえません。だが,その土地ならでの独特の気質や生活慣習など,ある種の共通性が存在します。

 豊かな海に四方を囲まれた日本列島の内陸は,険しい山と川にへだてられ,小さな地域社会の連合体が形成され,各地域に個性豊かな文化を生み出してきました。情報化社会の進展によって文化の画一化が進み,地方や郷土の特徴がなくなりつつあります。
 だが,歴史が育んだそれぞれのお国柄,特有の気質といった地域性は今も健在です。同じ地域の中で生きていてお互いに「文化を共有」していることから,物の見方や考え方,生活習慣や嗜好といったものに,そこに一定の傾向が見られることは必然性を持ちます。

 いま,交通網が整備され,広く県境を越えて人々の移動が日常化しました。こうした状況にあっては,県あるいは地域といった行政区分でのくくりで地域性を見るのはナンセンス」,との指摘もあります。しかし,人それぞれが生活し仕事を営んでいる行政域単位で地域性を探り,その変化の方向を観察していくことは,地域を理解する上で興味深く,また有意義でもあります。
 
 元禄時代(17世紀末~18世紀初頭)の書,『人国記・新人国記』(じんこくき・岩波文庫)では,武蔵・上野・信濃三国の様相を次のように描写しています。武蔵については,「当国,西は山深く,東に江海(こうかい)を受け,広大の国なり。古昔(いにしえ)は武蔵野とて曠原相(こうげんあい)続いて,自ら人の心も活気なり。」(「新人国記」巻之上,以下同じ)と評しています。「熊谷・鴻巣辺は上州の風に異ならず。寒暑中正(ちゅうせい)の内,余寒猶(なお)多し。烈風宇常に多し」と述べ,熊谷・鴻巣辺の風土は上州(上野)と変わらないとしています。
     
 上州については,「当国も山谷(さんこく)多く,甚だ大国なり。‥…・坂東(ばんとう)の国の中にて,地形高く広大にして,開きたる地もあるゆゑに,上野(こううずけ)の国と云ふにや。……民俗……人の心堅固な。」と,上州人気質を分析しています。また「当国の風俗は,碓氷・吾妻(あづま)・利根三郡は,信州に似たり」ともあります。
 このような,いにしえの生活模様は,いまの世にもに通じる所,多です。
                          (出典・参考 「街道の日本史17 中山道  山田忠雄著・吉川弘文館刊」

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー
県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」

県民性・地域性-2



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/574-95ef50b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック