FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える







『 ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』
 過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。本書では同氏が手がけたさまざまな「村おこし」プロジェクトを紹介。

 神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。農家が株主となる直売所を作って、農民に月30万円を超える現金収入をもたらす。空き農家を若者に貸すことでIターンを増やす。アメリカの人工衛星を利用して米の品質を見抜く。『奇跡のりんご』のりんご農家・木村秋則氏と手をむすんで、JAを巻きこんでの自然栽培の農産物つくりを実践し、全国のモデルケースとなるなど、その活躍ぶりは際立っている。

 会議をいくら開いても、過疎問題が解決するわけではないとし会議はしない、企画書は作らない、上司には事後報告-。思い切った判断と行動で、石川県羽咋(はくい)市の過疎地域の活性化を実現させてきた。それができた背景には「犯罪以外は全部責任を取る」と信頼してくれた課長の後ろ盾があった。

 失敗した事例も数多い。だが,「可能性の無視は最大の悪策。自転車だって、何度も転んで失敗しながら乗れるようになる。それと同じで、失敗はしなければならない」と著者は語り、若い職員には「可能性が1%でもあればやれ」と指導している。また「対価以上の仕事をしているか」ともハッパをかける。自身はUFOでの町おこしを軌道に乗せ、35歳にして「市に必要な人材」と正職員に登用された経歴を持つ。その目で見ると役人が役に立つ人になりえていないからこそ、日本が没落しつつあるように映り、歯がゆくてならないのである。

 前向きである。「日本の農産物輸出は世界第48位で、これから伸びる可能性があるのが農業だ。オールジャパンで取り組めば、日本は十分に立ち直れる」と熱弁をふるう。

 人を納得させるにはまず自らがやってみせることが重要と、いま率先して自然栽培に取り組み、と手応えをつかみつつあるという。

 これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!


▼石川県羽咋(はくい)市
 日本海に突出する石川県・能登半島。羽咋市は,この半島の基部西側に位置します。ほぼ中央に広がる邑知潟低地の平野部を囲んで海手山手に集散しています。市域の東西南北は、ともにほぼ11キロメートルです。

人口:平成23年4月1日現在 23,675人 世帯数 8,354世帯
面積: 81.96平方キロメートル (石川県面積の1.96%)
地目別面積:田37% 山林24% 宅地11% 畑6% 雑種地3% 原野1% その他37%


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/626-74df4bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック