FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



戦前、大阪船場では商家のおかみさんはごりょんさんと呼ばれた。店員の教育はじめ経営の鍵を握ったその実像を現存する日記から見る。


 昭和初期に生きた商家の女主人の現存する日記から、当時の女将たちがどんな役割を担っていたのかを社会学者が明らかにした。
 大阪の商家の女主人はかつて、「ごりょん(寮)さん」と呼ばれていた。彼女たちは、店の主人である「ダンサン (夫)」の片腕となって店を切り盛りし、奉公人や女中の世話、商売関係から親類縁者との付き合いなどを一手に引き受けることで、商家の生
活を支えていたという。

大阪船場おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む』では、大阪船場で代々商いを営んでいた杉村家に嫁いだ久子の昭和2年の日記を中心に、当博の女将たちの生活をつまびらかにしている。本書から職住一体が多かった当時、経済活動の中で彼女たちが重要な位置を占めていたことがわかる。






産能マネジメントスクール -新エリアマーケティング実践セミナー 

1.支店・営業所のエリア単位での市場分析と、それに基づく具体的な営業計画の立て方を学ぶ

2.現在のエリア営業戦略の適合性、妥当性を検証するための手段を学ぶ
3.現顧客の満足度を高め、新たな顧客層を開拓する策を学ぶ






第53回 2012年 7月09日~10日
第54回 2012年11月15日~16日
参加費:73,500円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/629-dd2a7ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック