FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 日本で,最古の商都としての歴史をもつのが,大阪である。奈良時代には難波京として大和の外港の役目を果たした。平安時代には平安京の外港にもなり,中世は石山本願寺の門前町,秀吉天下の時代は堺商人を移しての城下町,といった経緯を経て,江戸時代には「天下の台所」と呼ばれ,日本一の商都としての地位を確定した。style="FONT-SIZE: 11pt; FONT-FAMILY: 'MS ゴシック'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century">

 大阪商人の処世訓は「損して得取れ」「死に金使わず生き金使え」「汚く儲けてきれいに使え」。金に細かく計算高いが,裏表がなくすべての欲求をストレートに押し出す風土。価値があれば金払いは良い。きさくで明るく話し上手で,行動力に富む。

 また,大阪は進取の気性を旨としで,“独自性”を尊ぶという土地柄をつくりあげてきた。

大阪の人は総じてアップテンポでユーモアに富み,外向的と評価されている。反面,腰が軽く,せっかちとも揶揄される。

 社団法人「大阪アドバタイジングエージェンシーズ協会」が,大阪府民の生活に関する意識と行動の把握を目的に,大阪と東京で生まれ育った浪速っ子と“江戸っ子”それぞれ300人(男女各150人)を対象とした,06年10月実施のアンケート調査を実施。
 それによると,電化製品の購入時に値切る大阪人は41%、東京人は26%。 時間感覚の質問では、横断歩道の信号が青になる前に渡り始める人の割合は大阪が48%で東京の36%を大きく上回り、大阪人のせっかちぶりが証明された。特に,いつも青になる前に渡る人が大阪は1割もいた。けちでせっかちとされる“浪速っ子”の実像が読み取れる。


 大阪府の人口は,昭和30年代から40年代にかけて高い増加率で推移してたが,50年代に入り停滞気味である。地域別にみると,人口の増加傾向は,北から南へと移っており,北側の人口増加が昭和50年代に入り増加から停滞傾向に変化してきているのに対して,南大阪地域は、相対的に高い人口増加率を示しています。

新エリアマーケティング実践 - 小商圏市場戦略を考える -

産能マネジメントスクール -新エリアマーケティング実践セミナー 
               小商圏市場戦略を考える -

1.営業拠点単位でのエリア分析と,それに基づくエリアマーケティング戦略を立てる
2.現在のエリア営業戦略の適合性,妥当性を検証
3.顧客満足度を高めると共に,新規顧客開拓策を練る  
      




第56回 2012年 11月15日~16日
第57回 2013年 9月10日~11日
第58回 2013年12月11日~12日
参加費:70,350円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/697-806bd5f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック