FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い、福島県川内村は一時全村避難をしていた。今年4月に役場を再開し、復旧計画を進めている。

 福島第l原子力発電所事故から1年半。福島県では今なお16万人を超える人たちが避難を続けている。放射線量が比較的低い地域では、徐々に住民が帰還できるようになった。
 原発事故で役場ごと避難していた川内村は、いち早く「帰村宣言」を行い、ことし4月から全域で立ち入りができるようになり、およそ3000人いた住民のうち3分の1がこれまでに戻っている。

2012-1124-kawauti02 
 出典:NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 "帰村" 村長 奮闘す http://www.kawauchimura.jp/info/272-154.pdf

 住民は2つの大きな諌題に直面している。1つは放射線への不安である。もう1つば、暮らしが元に戻るかどうか。失われた雇用、さらに買い物をどうするかといった問題までが重くのしかかる。 

      ☆ ~~~~~~~~~~~~~川内村の概要~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

2012-1124-kawuti01 
 
                         出典:NHKスペシャル 
▼人口
・2005年:1844人(1088世帯)
・2010年:1678人(976世帯) 

▼歴史
川内の歴史は古く、村内のいたるところから縄文土器の破片や石斧などが発見されていることから、遠く石器時代に先住民族が生活していたことが窺われます。

鎌倉時代の「かわうち」は一寒村にすぎず、源頼朝が奥州平泉の藤原氏を討ったのち、浜街道が岩城氏の所領となりました。

永享4年(1747年)以後、この地方は幕府直轄地となり、会津領から棚倉領へと領主は種々変遷。明治6年になると「川内」は磐前県第二大区第四小区に属し、俗に山楢葉と呼ばれるようになりました。

明治22年4月、町村制の実施により上川内村と下川内村は合併し、現在の「川内村」が誕生しています。

▼概要
 本村は、福島県双葉郡の中西部に位置し、東は富岡町・楢葉町、西は田村市滝根町、南はいわき市、そして北は田村市都路町・双葉郡大熊町に接しており、北から南には雄大な阿武隈高地の山々が連なっている。

村の平均標高は約456mと高く、そのため霜などの影響を受けやすい地勢である。葉タバコ、畜産・高原野菜などの複合経営型農業に適している。

耕地はわずか5%と少ないが村の大部分を占める山林は、村の重要な森業資源であるとともに豊かな自然環境を形成している。


    ☆ ~~~~~~~~~~~~~企業進出~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

◆2012年 6月 菊池製作所、川内村と立地協定  

 福島県川内村への工場立地を決めた菊池製作所(本社・東京都八王子市、菊池功社長=飯舘村出身)と川内村は6月6日、川内村役場で立地協定を結んだ。県立富岡高等学校の旧川内校の体育館(900平方メートル)などを改装し、に自社特許技術のホットチャンバー方式による電子部品などの精密鋳造部品を製造する。改装費や設備に関する投資額は4億6000万円。50人を新規雇用する。同社の県内の工場立地は飯舘村、二本松市に次いで3カ所目。

 菊池社長は今回の立地について「遠藤村長や村議会の熱意を感じた。当社の新しい産業をこの地で発展させたいという互いの思いが通じた」と説明。遠藤村長は「復興へ向けての課題だった雇用の確保に光が見えてきた」としている。
                                         出典:【2012年6月07日付】  日刊工業新聞,他

◆2012年11月 菊池製作所川内工場本格稼働へ 

 川内村の旧富岡高川内校に進出した菊池製作所の川内工場が完成し11月30日、オープニングセレモニーが行われた。地元採用された33人が8月から研修を重ねており、年内の本格的な稼働を目指す。
 同社は6月に村と工場立地に関する基本協定を結び、県の「ふくしま産業復興企業立地補助金」を受けた。 敷地面積9136平方メートル、既存の校舎と体育館を改修し工場面積は2355平方メートル。川内工場では同社が国内外で特許を持つアルミの精密鋳造技術「ホットチャンバー式アルミダイカスト」を事業化する。
                                         
                                         出典:【2012年12月05日付】 福島民報

    ☆ ~~~~~~~~~~~~~買い物対策-ファミリーマートの移動コンビニ~~~~~~~~~☆

◆ファミリーマート- 福島県川内村の移動コンビニ

 原発事故で避難した住民の帰村を呼びかけている福島件川内村で、日々の買い物が不便だという住民からの声を受け、ファミリーマートによる移動販売が始まった。原発事故で役場ごと避難した川内村は、ことし4月から全域で立ち入りができるようになり、およそ3000人いた住民のうち3分の1がこれまでに戻っている。
 だが、13あった生鮮食料品店のうち、営業しているのは7店舗で、住民からは日々の買い物が不便だという声が出ていた。
 こうした声を受けて、ファミリーマートが、村役場の駐車場で週2回の移動販売を今月から始めた。移動販売車には弁当や日用雑貨などおよそ300種類の商品が積まれていて、その場で電子レンジを使って商品を温めることもできる。   



◆関連HP

 マーケティング&マニュアルゼミー

産能 公開セミナー


  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/799-371662b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック