FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 宮崎県のまとめによると,去年4月1日の時点の宮崎県内の市町村の職員の給与の平均は、23年ぶりに国家公務員の水準を上回っていた。
 宮崎県は、地方公務員の給与制度を改善するため、毎年4月1日の時点で県内の市町村の職員と国家公務員の給与の違いを調べてる。それによると,去年の市町村の職員の給与の平均は、国家公務員を100とする指数で106.6と,平成元年以来23年ぶりに国家公務員の水準を上回った。
 これは、国家公務員の給与が去年4月から2年間、平均7.8%削減されたためで、県内の市町村の職員の給与の指数は、おととしと比べ8.2上がった。町村の一般行政職の平均の給料の月額は、42.4歳で32万4600円であった。

 指数を市町村別でみますと、延岡市が110.3と最も高く、次いで宮崎市が109.6、日向市が109.3。一方、最も低かったのは西米良村で96.0、次いで諸塚村が97.9、椎葉村が98.9であった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/879-61a2b346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック