FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える




人口流動の地方再生学』の主張

  著者によれば,今の地方の疲弊は,戦後はじまった集団就職列車により若者を大量に地方から都市へ送り込んだことに起点がある。すなわち多くの若者が都市に向かったために,地方では子供の数が急減し,高齢化と人口減少に向かっていった。それは,この国では戦後の復興を目指し,海外からライセンス生産として設備,技術,マニュアルをそっくりそのまま直輸入したが,これによる画一化,規格化をすすめ,大量生産体制を作ったことにその遠因があるというのである。

 これによって生じた過疎化の問題を,今度は地方への産業導入により解決しようとしたが,そこには地方の視点がなかったためにことごとく失敗したという。

 最近言われているコンパクトシティも,分散しているコミュニティーを中央に集めて効率的な都市を目指すという観点に立てば,地方に中心を作る考えに変わりはなく,必ずしもうまくいかないと断言している。

 以上の分析から,地方再生は農業の再生から始めるべきだと主張する。 その上で,表題にもある人口流動化がキーワードとなるとしている。


<内容紹介>  合併時をピークに減少を続ける人口

 京都市内からJR山陰線の特急列車で一時間余り、京都府北部の綾部市は人口約36,000人(2009年1月)、市街地には伝統的な街並みも残り、出先機関の事務所等も立地する地方小都市である。IT企業の誘致にも成功し、新興住宅団地も造成され、中心部や通勤通学時間帯の駅周辺を歩いている限り、商店の集積や人通りの多さが市城の縁辺部と比較して街の活力を感じさせる。しかし、市の人口は減少を続けており、市制施行時(1950年)の約54,000人と比較すると、現在は三分の二の人口規模である。
                                   
 綾部市の市街地から約30キロメートル離れた、福井県境に接する旧奥上林おくかんばやし村の状況はさらに深刻である。国勢調査人口で1950年と2005年を比較すると、2387人から679人へと3割以下にまで減少している。

 この地域の人々の集会所でもある老富会館で住民から話を開いた。綾部市と合併した1955年頃までは、「村内で日常生活の用が足りた」「林業が盛んで仕事もあった」「集落の近くに小学校の分校もあった」という。日常的な買物、特段高度でない医療や教育、日常の暮らしが村内で完結できたのである。耐久消費財の買物や高等学校などは村外に依存したが、峠を越えたら舞鶴の市街地は至近であった。

 村のなかで「日常生活が完結する」ということは、小さくとも村のなかで「経済が循環する」ことを意味する。林業が盛んであったこの旧奥上林村には、山林の間伐、伐採、伐採跡地への植樹、育林などの森林施業が多くの雇用の場を提供していた。さらに、集材、製材など木材加工も優良な雇用の場であった。
                       
p86-p87

 地域の自立性と林業の衰退

 こうした現状を招いた理由は何だったのだろうか。こうならない選択肢は本当に存在しなかったのだろうか。分岐点を見過ごしたのだろうか。旧奥上林村の住民は,「水稲と養蚕と植林や炭焼きなどの山仕事」がセットになって1950年代の生活が成り立っていたと回想する。
 「林業の衰退が過疎を招いた」という言葉をあちこちで耳にする。産業構造の変化やエネルギー革命が,山仕事から人々を遠ざけ,現金収入を町に求めて農山村の人々を追い出してしまったのだろうか。都市へ出ていった息子の幸せを願って,「こんな所に帰ってくるな」と子供たちの帰郷を否定せざるをえない高齢夫婦の言葉に秘められた想いは複雑である。
 極度に高齢化した寒村に共通するのは,かつて栄えた時代の思い出に満足して,現状に至った経緯を自らは冷静に分析することなく,社会情勢の必然と半ば他人事のように静観していることである。過去の栄光に誇りを持つこと自体は決して責められることではなく,むしろ大切なことであるが,それだけでは衰退を免れることはできない。
 少数で融為るが,過疎を逆手にとって人口減少に歯止めをかけている儀落,他出者が遠い都会からこぞって里帰りして人口が一時的に数倍に膨らむような小規模高齢化集落も存在している。
例えば,岩手県二間市の縁辺部に位置する集落では,各世帯が小学校の体育館に手づくりの郷土料理を持ち寄る食の文化祭に集落人口の何倍もの来訪者を集め,都会からのリターンの契機になっている。
 地方を取り巻く厳しい状況や景気変動の波は,どの地域にも影響を与えているはずである。自業自得と評されないためには,郷土に培った暮らしの誇りを,自らの集落が地図から消えてしまわないための行動に転化させることが重要であろう。
 首都圏に代表される大都市の虚像は,メディアが報道する映像の世界と現実の生活空間の物的環境の相違を認識した人々を手招きする。そうした虚像に目を奪われることで,自らが暮らしてきた地域の負の側面を過大に突きつけられるのである。
 モンスターのような虚像に立ち向かうためには,かつての栄光の思い出によって生きてきた証を確認するだけではなく,地方の個性,文化や地域資源に立脚した地場産業の優位性を,外に向けてしっかりと発信することが求められる。高齢者が木の葉を集めて付加価値をつけて出荷した
り,地場企業との契約による加工や農作物栽培など安定的な産業を根付かせたり,集落を基盤とする自立した経済活動を見いださない限り,地方は衰退の坂道を転がり落ちてしまう。



人口流動の地方再生学人口流動の地方再生学
(2009/06/16)
松谷 明彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/916-485caea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック