FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 大分県が特許庁に申請の「おんせん県」の商標登録は認められなかった。申請直後は「温泉を独り占めするのか」などと批判を受け、波紋を呼んだ。

 大分県は、別府や由布院といった有名な温泉地があり,源泉数約4500カ所、湧出量も1分あたり290キロリットルと,日本一の事項が多数あり、関係者は商標登録に自信をみせていた。だが,特許庁は,「多くの温泉がある県」程度の意味しかなく、群馬県が草津温泉をPRするため「温泉県」を使用していることから,商標登録はなじまないとした。





まち楽 大分-魅力あふれるの大分の名産特産を紹介します!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misuzukaru.blog90.fc2.com/tb.php/959-af8442d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック