エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
石垣島 最高気温35度6分 史上1位



八重山諸島の石垣島では、8月20日午後1時半までに最高気温が35度6分を観測。統計開始以来1位となりました。
1896年の統計開始以来、1位の記録を更新しました。なお、これまでの1位は、1899年に観測された35度4分でした。
※鹿児島県の与論島でも正午前に気温が34度9分となり、こちらも観測史上1位の値を更新しています。


●八重山諸島:八重山諸島は,東京から2,000km,沖縄本島から400km。北緯24度に位置する日本最南西端の島々です。 石垣島,竹富島,小浜島,黒島,鳩間島,波照間島,新城島(パナリ),西表島,由布島,そして与那国島。 それぞれにオリジナリティあふれる自然が広がっています。


●石垣島:石垣島は那覇から南西へ約430kmの東シナ海に浮かぶ,沖縄本島,西表島に次いで県内3番目に大きな島。亜熱帯の豊かな自然と都市機能が共存する,サンゴ礁に囲まれた日本最南端のリゾートシティである。
八重山諸島の経済,行政,観光の中核を担い,各離島へのアクセスの起点となる「八重山の玄関口」となっている。
四国の鉄道維持に向け初会合 JR四国と4県知事らが懇談会
2017-08-路線図


 徳島,香川,高知,愛媛の四国4県とJR四国 http://www.jr-shikoku.co.jp/ は8月18日,人口減少で将来の利用者減が見込まれる鉄道路線網の維持に向け,対策を話し合う懇談会の初会合を高松市で開いた。

 懇談会は,4県の知事やJR四国の半井真司社長らで構成。来夏ごろにまとめる中間報告を基に,県ごとに分科会を開いて具体的な対策を検討する。
2017-08-売上の推移

 JR四国の半井社長は会合の冒頭で「10年,20年先を見据えた場合,自助努力のみでは今の路線の維持が困難になることが想定される。抜本的な対策について地域を挙げて議論していただきたい」とあいさつした。


 ⇒⇒ JR四国    2017-2020 中期経営計画 ⇒ 
      http://www.jr-shikoku.co.jp/04_company/jigyou/tyuki_2017-2020.pdf
    出典:路線図-http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/kakueki/#routemap-box

▼参考  JR九州が上場後初の決算 売上高,利益とも最高
 JR九州が2017年5月11日,昨秋の上場後,初となる平成29年3月期連結決算を発表した。駅ビル・不動産事業などが好調で,売上高は3829億円(前期比1・3%増),経常利益605億円(同89・1%増),最終利益447億円(前期は4330億円の赤字)と,いずれも過去最高だった。

 鉄道事業は,前年度に鉄道設備の減損処理を実施したことで減価償却費が減少し,250億円の利益を確保した。JR九州の鉄道事業が黒字となるのは,会社発足後初めて。


 政府は,地方大学の振興に活用する新交付金を創設する方針を固めた。自治体が地元の大学や経済界と連携する取り組みを支援する。交付金の規模は年百数十億円程度を見込んでおり,2018年度中にも募集を初め,19年度から交付を始める意向である。

 政府は,東京23区での大学の定員抑制や,首都圏にある大学の地方へのサテライトキャンパス設置促進も掲げており,こうした取り組みと併せて,東京一極集中を緩和し,地域経済を担う若者を地方に定着させる狙い。


>>>廃線 月に1日だけ復活
             片上鉄道保存会  http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/

 平成3年6月。岡山県備前市から同県の柵原町(現・美咲町)までを南北に結んでいた「同和鉱業片上鉄道線」が,72年間の歴史に幕を下ろしました。元国鉄の貴重な旧型気動車をはじめ,客車列車などが現役で活躍していた同鉄道は,鉄道ファンからも人気が高く,廃止はたいへん惜しまれました。
 これらの,鉄道文化遺産とも呼べる貴重な車両を保存する動きが高まり,集まった有志により結成されたのが,片上鉄道保存会です。設立は平成4年11月。以降,気動車1両(キハ312)の購入や,「柵原ふれあい鉱山公園」への車両搬入,動態を維持するための機関整備など,7年半ぶりに車両たちが蘇るまでの一役を担いました。

 ひと月に,たった1日だけ運行される鉄道― それが理想的な形であると考えています。ひと月に一度だからこそ継続が可能であり,その日を目指して人々が集まります。
 第一日曜日。この日,吉ヶ原駅は「鉄道の駅」として蘇ります。発車ベルが鳴り響き,汽笛一声!列車が定刻に発車していく…。 たった400mの小さな鉄道がいつまでも走り続けられるよう,会員一堂,今後とも鋭意努力してまいります。




>>>秘境駅跡探訪

人家が少なく利用者がほとんどいない駅,到達困難な場所に存在する駅を,著者・牛山隆信は「秘境駅」と名付けた。

 利用者がいなくなった駅は廃止へ向かうことになる。赤字ローカル線を自社で抱えている鉄道会社にとっては当然のことだが駅の維持管理にはお金がかかる。乗降客がほとんどいない駅で発進と停止を繰り返すのは燃料の無駄遣いであり,経営者として合理化は必要不可欠なことである。 こうして合理化の結果として「秘境駅」は廃止されていく。また,場合によっては線区そのものが赤字線として,時刻表から消えていく。

 旅客営業が廃止されたり,線区そのものが廃止されて消えていった「秘境駅」のその後を, 北海道から鹿児島までの54駅を取り上げている。



ローカル線の廃止や旅客数の減少、列車運行本数の削減など“秘境駅”を取り巻く環境は年々厳しくなっている。時刻表から姿を消した“秘境駅”は現在どうなっているのか?合理化でスイッチバックを解消した“秘境駅”の現状は?さまざまな事情で廃止された駅や信号場を取材!

もう二度と列車は来ないけれども、日本人の心象風景に深く刻まれた現存する廃線駅舎を、写真とエッセイでガイドする書籍です。読んだら行ってみたくなる一冊。

『昭和の終着駅』シリーズ、解説もグレードアップし関東・関西・北海道・東北各篇につづく5冊目が登場です。北陸・信越地方(福井・石川・富山・新潟・長野)の題材をまとめ、記録の少ないローカル私鉄も抒情溢れる貴重なカラー写真で収録。

 東京の千代田区・港区・中央区の都心3区への人口回帰が止まらない。千代田区は36年ぶりに6万人を突破。駅に近く,通勤,買い物,飲食と便利であることから,都心への人口回帰が続く。
 東京都心にもかかわらず,なぜか最寄りの電車や地下鉄の駅から離れている「陸の孤島」とも言える空洞エリアがある。

東京の“陸の孤島”――最寄り駅から15分以上かかる街は独自の発展を遂げている!?


 東京都心にもかかわらず,最寄りの電車や地下鉄の駅から離れている「陸の孤島」とも言える空洞エリアがある。

◆文京区小石川ハデさはないがエスタブリッシュメントな雰囲気漂う
 国道17号(本郷通り)国道254号(春日通り)に挟まれた文京区小石川地区。麻布(港区)や牛込(新宿区)などとならび山手の外郭を成すエリアである。都心の一等地だけに小洒落たスタイルの飲食店が目立つ。付近には筑波大学附属高校など多くの名門校や大学関連施設が集まっており、学生や子供の姿が目立つ。

 北に隣接する白山は一戸建ての住宅が立ち並び、住宅街は入り組んだ細い路地が続く。一方通行だらけで坂道も多い。地下鉄春日駅のほうへ足を向けると、地域住民の買い物客で賑わいを見せるえんま通り商店街に出る。

「文京さくらまつり」などでも知られる播磨坂、小石川植物園など、自然が豊かで公園も多いのも特徴だ。実はこちらの小石川地区、薄幸の石川啄木が北海道放浪後に移り住んだ終焉の地で、幸田露伴もこのあたりに居を構えていたことでも有名。徳川所縁の伝通院を中心に神社仏閣が溶け込んでいる。

 駅から最も遠い地点は小石川植物園周辺、御殿坂の坂下付近の地点。白山駅まで9分、茗荷谷駅まで13分、春日駅まで14分と相成った。

◆西麻布(港区):六本木や青山に隣接する都内の一等地

 六本木や青山に隣接する都内の一等地,西麻布。首都高渋谷線・六本木通りの北側にはブルーノート東京や根津美術館のほか,高いフェンスで囲まれた警戒厳重な在日米軍地区がある。コンビニに置いてあるお酒までどことなく西麻布感を感じる品揃え。

 ここは広尾駅には徒歩で13分,六本木駅徒歩14分,麻布十番駅徒歩15分と,最寄り駅が遠い。


◆山谷(台東区):ファミリー層の流入など多様化進む

 山谷とは,一般に南千住から清川・日本堤・橋場にまたがる地域を指す。 このエリアは,南千住駅まで徒歩23分,浅草駅まで徒歩21分,荒川の向こう曳舟駅までは徒歩25分かかる。南千住から小塚原刑場があったことから「骨通り」とも呼ばれる464号線を南千住駅から南下していくと,簡易宿泊所が立ち並ぶドヤ街へ向かう。 山谷といえば昔ながらのドヤ街といったイメージが強いが、近年は日雇い労働者の高齢化が進んでいる。昼間から道の脇に座り込みワンカップ片手に酒盛りなんて光景は,小石川や西麻布では見られない。

 この一帯は区が進めている老人ホームの再開発地区にも指定されている。夜になるとカラオケスナックや居酒屋などの明かりが灯る。

一人勝ちとも言われる東京で進む「格差」。ある区で少子化や高齢化が止まった理由 とは? 子育て支援や医療の手厚い区、学歴・年収・職業が非凡な区とは?
その力 強さの秘密を東京23区研究所所長がデータで解析。成長のヒントはここにある! 23区通信簿付き。
かつての自由が丘は、今の蔵前、北千住、人形町、清澄白河?

家賃が高くても都心に住む人々はどんなメリットを見出しているのか?

かつての人気の街はなぜ衰退したのか?

どこに住むかの重要性がかつてなく高まっている時代の都市暮らしの最新ルールを探る。
MM新書シリーズ第5弾。商店街の衰退や隆盛を徹底的に分析した一冊。