FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 西南戦争から98年たった昭和50(1975)年、鹿児島市に本社を置く地元紙、南日本新聞に奇妙なニュースが掲載された。西郷隆盛の首が発見された、というのである。西郷は西南戦争で自刃し、斬られた首は官軍によって発見され、埋葬されていたはずである。
記事は9月20日付の夕刊社会面で、4段の次のような見出しが躍っていた。
「西郷どんの 〝首″ ?」「エスカレートする 〝頭骨談義″」「郷土史家が推理合戦」「吉野町墓地改葬中に発掘」
 記事の内容は、同年5月、鹿児島市富野町実方の松平墓地を改葬中、作業員が埋もれていた頭骨を山グワでひっかけたというもの。頚骨は地下約60センチに埋まっており、鉄鍋に入っていたという。松平墓地は3、400年をへた共同墓地で、西郷の介錯を行った別府晋介の生誕地に近く、近くには西南戦争で戦死した士族の墓があることなどから、西郷の首ではないかとの説が出たという。             
             (中略)

 昭和50年に発掘された頭骨について、その後、まったく報道がないことを考えると、かの骨は西郷隆盛とは無縁であったということであろう。
 西郷らの遺体は、鹿児島県令、岩村通俊が命じて棺に入れ、浄光明寺に埋葬した。その後、明治12年にあらためて墓所を整理、改葬し、西郷隆盛を中心として南洲墓地として整備し、今日に至っている。浄光明寺も元の位置の近くに再建されている。
              出典:『西郷隆盛の首を発見した男』p7,p231 大野敏明著 文春新書


 文藝春秋の社長であった池島信平氏は、名編集長でもあったが随筆を書かせても天下一品の味わいを伝えていた。新宿のおでん屋が好きで、爛酒を飲みながら軽妙な世相諷刺を口にした。

 「銀座は所得は高いが教養の低い人がゆくところ。新宿はその反対、所得は低いが教養のある人が飲むところ」現在の新宿の状況を思えば、池島氏には申し訳ないようなものだが、所得と教養がアンバランスになったのは新宿ばかりではないようで、芳賀やすし氏(東京工大名誉教授)は「高能力無教養社会」という名言を作っている。
 せんだって、私はローマゆきのファースト・クラスでJリーグの有名選手と一緒になったが、乗り込むや否や機内の座席で裸になってラフなスポーツ・ウエアに着換え、食事どきには口から出したフォークでコップにジュースを注ぐように指示し、フライトが始まると連れのものが通路に立ちはだかって話を始め、それはそれは見事な作法ゼロだった。
                  出典:『日本人のお行儀』 p178 草柳大蔵著 グラフ社刊</strong>
国立社会保障・人口問題研究所の中位推計によると,2040年には人口が年間90万人減少し,総人口の1億人割れが近づく。総務省によると人口3万人以下の市町村の約7割は人口がいまより3割以上減少し,このうち140市町村は半分以上減る。こうした予測を踏まえて総務省が目指すのは市町村「圏域化」の推進と法律による制度化である。

 総務省は,早い段階から合併よりも自治体が連携する形での「補完」重視に舵を切っていた。「ヨコの補完」が隣接市町村による圏域化である。自治体それぞれが自前で住民自治の機能を備えるのではなく,選択と集中で中心市に公共施設や高等教育などの機能を集約し,自治の維持を図ろうという考え方である。

 人口5万人以上の「中心市」が核となり周辺町村と連携する定住自立圏構想が口火を切った。20000年に導入され,すでに100を超す圏域が形成されている。
 政令市,中核市級の市を「中枢市」として数十万人~数百万人規模の生活・経済圏を形成する「連携中枢都市圏」制度がこれに続いた。もともと「地方中枢拠点都市」と呼んでいたが,他省の都市圏構想と統合された。2015年2月の「播磨圏域」(中枢市・姫路市)を皮切りに28圏域が形成され,250を超す市町村が参加している。

 広域圏の連携については,連携中枢都市圏や定住自立圏における連携が進められてきた。指定都市や中核市とその近隣市町村による連携中枢都市圏は28圏域,人口5万人程度以上の中心市と周辺市町村による定住自立圏は121圏域ある。2014年地方自治法改正による連携協約締結ができるが,連携が容易なイベントの共同開催や施設の相互利用などにとどまり,利害対立があり合意形成が困難な事務等については実質的に連携が進んでいないという。


岡山県立図書館は、都道府県立図書館としてはなんと12年連続で全国一。個人貸出冊数、購入冊数でみても1位。




岡山県立図書館は,来館者数,貸出冊数も日本一。平成26年度の統計によると年間個人貸出冊数は144万冊で1位。2位大阪の89万冊をぶっちぎっている。年間来館者数も104万人で1位。2位山梨の90万人、3位大阪の75万人を大きく引き離している。全国1位の集客力。1年のうちに,ざっと県人口の半分以上が訪れる。そんな岡山県民に圧倒的な人気を誇る岡山県立図書館。これにはどんな秘密があるのだろうか。

■都道府県立「図書館」の来館者数ランキング(2013年度)
 1位 岡山県立図書館 105万1432人
 2位 山梨県立図書館  91万5452人
 3位 大阪府立図書館  82万4243人
    (出典:日本図書館協会2014年調査)




情報化時代の今、公共図書館の役割とは‐岡山県立図書館の挑戦‐

県内の図書館を支援し、館内では利用の利便性にこころがけ、またネットワーク面では県内の横断システムの構築といった施策を試み、入館者数と貸出冊数が12年連続トップという結果を出した岡山県立図書館。その成長の歩みを紹介し、情報化時代の公共図書館の役割を問う。

◆主な目次

第一章 がまんの限界
第二章 新館計画は動かず
第三章 待ってばかりじゃいられない
第四章 新しい風が吹く
第五章 ここからが正念場
第六章 待ちに待った県民の図書館
第七章 数字で見る新県立図書館の状況
第八章 基本方針─ 実現できたことと、できていないこと─
第九章 いま心配なこと
第十章 これからの課題─ 指定管理者制度をどう考えるか─
あとがき








>>>北海道 遅い初雪記録続出

北海道では今シーズンは記録的に初雪が遅れています。14日に北海道内で今季初めての初雪の観測がありましたが,稚内は1938年の統計開始以来,最も遅い初雪となりました。
旭川は1888年からの統計史上2番目の遅さに,網走は1889年の統計史上9番目に遅さになるなど,その他の地点も遅い初雪となっています。
札幌は今日雪が降らなければ128年ぶりの記録となります。他では室蘭の11月23日,帯広の11月24日と,記録に迫っている地点が多くなっています。

14日に北海道内で今季初めての初雪の観測がありましたが,稚内は1938年の統計開始以来,最も遅い初雪となりました。
また,旭川は1888年からの統計史上2番目の遅さに,網走は1889年の統計史上9番目に遅さになるなど,その他の地点も滅多にない遅い初雪となっています。

その他の地点では今日(18日)午前9時の時点でも未だに初雪が観測されていません。
札幌の初雪の最も遅い記録は11月20日で,2番目に遅い記録が11月18日です。もし今日も札幌で雪が降らなければ,11月20日までずれ込んだ1890年以来の遅さとなり,実に128年ぶりの出来事となります。明日の札幌中心部は降るものは雨となる見込みで,初雪は11月20日以降となる可能性が高くなっています。

 ・・・・・・・・・・・・・・
 ┏┓
┗■変わる「チェーン規制」-スノータイヤのみは駄目 法律-12月上旬に施行


これまで「チェーン規制」の場合,スタッドレスタイヤ装着といったすべり止め策を講じていればOKでした。それが,12月上旬から,「タイヤチェーンが必須な規制」となります。車両立ち往生が多数起きている状況を受け,国は「チェーン着装必須」を打ち出しました。国土交通省は,12月上旬の法改正(公布および施行)を予定しています。

 今回,「チェーン必須のチェーン規制」制度化の理由は,近年,大雪の際に国道などで多数の立ち往生車両が発生し,通行止めが長期にわたることが多くなっているためです。
 なお,首都圏では自動車の雪への備えが十分とはいえません。2018年1月22日(月)から23日(火)未明にかけての首都圏大雪の際,警視庁によると,22日16時30分から翌23日朝6時にかけて,東京都内で人身事故が41件,交通物件事故(当事者にケガがなかった事故。車両どうしの接触などを含む)が699件発生しています。

    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★                    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

――冬タイヤを履いていてもチェーンが必須
 これまで一般に「チェーン規制」と呼ばれていた通行規制は,タイヤチェーンに限らず,スタッドレスタイヤ装着などのすべり止め策を講じていれば通行可能でしたが,今後,「チェーン規制」は,「スタッドレスタイヤを履いていてもチェーン装着が必須」となります。

――スタッドレスタイヤを装着していてもチェーンが必要な「チェーン規制」は,どのような区間で行われるのか?
 過去に立ち往生が発生している箇所や,勾配5%(100m進むと5m上がる/下がる)以上の峠道が中心です。全国一斉にはできませんが,峠区間の前後にチェーン着脱所が備わっているところなどから実施します。

――道路標識の新設
 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」を意味する道路標識も新設される見込みです。

┏┓
┗■  現行の冬タイヤ規制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

沖縄を除く46都道府県では積雪時や路面凍結時に運転する場合,冬タイヤやタイヤチェーンなどのすべり止め策を講じることが条例で定められています。つまり,沖縄を除く46都道府県では雪道を夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走ることは交通違反となります。

 
★ 楽天市場-車のチェーン (全198,949件リストアップ) ★