エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


>>京都市企業誘致セミナーin東京の開催について
  出典:京都市情報館 http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000229319.html
       
この度,首都圏企業,外資系企業等を対象とした「京都市企業誘致セミナーin東京」を,下記のとおり開催しますので,お知らせします。
当セミナーでは,新たに京都に立地された企業から見た京都の魅力や,「大学のまち・京都」だからこそできる産学公連携の取組などについて御紹介します。

京都市企業誘致セミナーin東京の開催について

 この度,首都圏企業,外資系企業等を対象とした「京都市企業誘致セミナーin東京」を,下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 当セミナーでは,新たに京都に立地された企業から見た京都の魅力や,「大学のまち・京都」だからこそできる産学公連携の取組などについて御紹介します。
                               記

 
1 開催日時  平成30年2月2日(金曜) 午後1時半~午後4時半(受付開始 午後1時)
2 会 場  八芳園(東京都港区白金台1-1-1)
3 内容  ※別紙チラシ参照

 ○京都大学の産官学連携の取組の紹介

  京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構

   メディカルイノベーション推進室 特定准教授           小栁 智義 氏 

 ○新たに進出された企業から見た京都市の魅力

  LINE株式会社 上級執行役員 サービス開発担当        池邉 智洋 氏

  ナブテスコ株式会社 執行役員 技術本部長            秋田 敏明 氏

 ○進出支援体制,立地候補先の紹介

  京都リサーチパーク株式会社 代表取締役社長          松尾 一哉 氏

  JETRO京都貿易情報センター 所長                 石原 賢一 氏


群馬県の運転免許保有者数は昨年12月末時点で141万4675人。人口に占める保有率は全国1位の71・9%。

高齢ドライバーの数も多くなるが、県警や行政は高齢者の関連事故を防ぐため運転免許の自主返納を呼びかけている。その結果、昨年10月末現在で、75歳以上の返納者数は3654人と一昨年の2893人を上回った。

福島産米 規制を緩和 検査証明書不要に EU 食品安全専門家委

 欧州連合(EU)加盟国の食品安全の専門家による常設委員会は2017年9月25日、日本産食品の輸入規制緩和を承認した。福島県産米に義務付けていた証明書提出が不要になり、産地の負担軽減が期待される。



2018-01-伊那市森ビジョン


友好都市提携を結ぶ伊那市 http://www.inacity.jp/ と東京都新宿区 https://www.city.shinjuku.lg.jp/  は1月22日,2008年に締結した「地球環境保全協定」を更新した。伊那市役所で調印式を開き,協定書を取り交わした。市有林の間伐整備の一部を区が担い,二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる「カーボンオフセット」をさらに推進。住民交流も深めながら,地球環境への関心を高める。

新宿区は2009年度からの事業費合計で1億6709万円をかけ,伊那市長谷の鹿嶺高原を中心に234ヘクタールの間伐を実施。今までにトータルで約3000トンのCO2削減効果が県により認められている。2019年度からは新たに長谷の伊那富士,向山,田城原の3カ所で間伐整備を始める。




>>>新宿区 人口統計

●男女別人口

 

合計

住民基本台帳人口

171,900

170,397

342,297

内訳

日本人

149,890

149,979

299,869

外国人

22,010

20,418

42,428


●年齢3区分別人口

 

年少人口
(15歳未満)

生産年齢人口
(15歳~64歳)

老年人口
(65歳以上)

67,506
(19.7%)

住民基本台帳人口

30,213
(8.8%)

244,578
(71.5%)

内訳

日本人

27,695
(9.2%)

205,776
(68.6%)

66,398
(22.1%)

外国人

2,518
(5.9%)

38,802
(91.5%)

1,108
(2.6%)

※構成比の計については、小数点第二位で四捨五入をしているため100%
にならない場合があります。

●世帯数

 

世帯数

住民基本台帳世帯

216,529

内訳

日本人のみの世帯

182,133

日本人と外国人の複数国籍世帯

3,415

外国人のみの世帯

30,981



今年のバレンタインデー(2月14日)は,女性がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にチョコレートの写真を投稿して楽しむことが,ブームとなっています。これに応えて,百貨店では「SNS映え」を意識した商品やイベントの企画に工夫を凝らしてます。

昭和30年代(1950年代)に入ってから「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定着し,今日のような盛んな行事になったようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネロ ベルギーチョコレート プラリネアソート 9個入り
価格:3380円(税込、送料別) (2018/1/23時点)